作家の収支

作家の収支 (幻冬舎新書)/幻冬舎
 ¥821 Amazon.co.jp

他の作家さんの作品を読まないと仰る森 博嗣さんの小説とはどのようなものか?『すべてがFになる』を早く読まないと…

作家の収支と言っても統計情報ではなく、森博嗣さんというたった一人の作家の収支だ。収入ではなく収支(収入と支出)としたのは、わずかではあるが、森さんが作家になった理由が趣味のためにお金が欲しかったということと、実際に何にお金を使ったかということにも言及しているから。結果的に森さんは作家として成功した人の一人なのだろうが、その秘訣は、常に新しいものを生み出し続けようとした商業作家としての意地であったということのようだ。何もかもが多様化する時代に、作家として成功するためには、とにかく書き続けられることが必要だ。

森博嗣さんは、数少ない?理系の作家さんということだが、そのせいか、文章が極めて読みやすい。私でも知っている(注釈の要らない)言葉だけを使って平易に書かれている。だから、どんどんページが進む。池上彰さんの解説がわかりやすいのは、伝えなければならないことを池上さんご自身がしっかり理解しているからだと思うのだが、森博嗣さんの文章が分かりやすも、まるでレポートのように事実に基づいて書かれ、ご自身の頭の中が整理されているからではないだろうか?

にほんブログ村 経営ブログへ にほんブログ村 経営ブログ コーチへ にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中