■苦境のマック、なぜ主要客・ファミリー層の”心”は離れた?  客数減の理由を店舗から考える

勝間和代さんの『利益の方程式』じゃないですけど、
利益は、『客単価×客数』なんですよね。
単価の高い客を集めようと思えば、客数が減る。
客数を上げようと思えば、単価が減る。
この辺のさじ加減が商売の胆なんでしょうけど・・・

解説にもあるように、マックの施策方策が、
単価の低い客の長居?という形になってしまったのかも?
どんなに頑張っても、マックは高級でオシャレではないし、
そのような時間空間を求めるのであれば、スターバックスが
ありますからね。

もう一度、自分達の強み(使えるリソース)は何なのか?
その強みに魅力を感じてくれる顧客は誰なのか?
その顧客を『お・も・て・な・し』することができるモノ、
コトはなんなのか、再考する必要がありそうですね。

(Business Journal – 01月02日 01:00)
http://biz-journal.jp/2014/01/post_3753.html

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中