「オデッセイ」の車高が14センチ上がったワケ

「オデッセイ」の車高が14センチ上がったワケ”らしさ”を捨てた、ミニバンブームの火付け役

オデッセイ誕生秘話
1990年代前半は、ミニバンが売れまくっていた。
その頃のホンダは予算が無く、アコードの生産ラインを利用する事なったが、後席のスライドドアの採用が出来ない、背の高さが中途半端になってしまうという障害があった。
しかし、この弱点が逆に、個性になりオデッセイは空前の大ヒット車になった。

5代目のオデッセイは、1990年代後半に、ミニバンブームをけん引した初代オデッセイの大きさに戻った。マン・マキシマム、マシン・ミニマムの技術が進化し、低床プラットフォームの上に構築されたボディは、ライバルであるアルファードやエルグランドなどのムダに高い車高に対し、低めの車高の中に同等の室内の高さを実現しているという。

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中