47階高層住宅にエレベーター設置忘れ、完成間近に気付く スペイン

47階高層住宅にエレベーター設置忘れ、完成間近に気付く スペイン

 スペイン南東部アリカンテで、建設が進められている、高さ約200m、47階建ての高層住宅
InTempoだが、完成間近になって21階より上にエレベー ターが設置されていないことが
分かったとのこと。

 この高層住宅は当初、20階建てで計画され、後に47階建て へと変更されたが、設計者が
増築分のエレベーターの設置を忘れ、誰もこの欠陥に気がつかないまま工事が進められた。
内部にエレベーターを設けるのは不可能 という。

 いやあ、なんでそんなことが起こるんですかね?図面をだれも確認しなかったのかな?

 サグラダ・ファミリアのように、何人もの設計者が携わって建造している建物がある一方、
たった一人の設計者しか携わっていなかったのかな?
 同じスペインで起こったこととはおもえませんえ。アントニ・ガウディも驚いている?

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中