世界が噂する「日本の評判」

「米Time誌が56カ国12万人に調査したアンケートでは、日本が2007年以降4年連続で
『世界一イメージが良い国』に 選ばれている。また、シンガポール国民1000人に聞いた
『最も親切な国』(同国政府公認NPO調べ)でも日本は1位。」

「日本製品への信頼性・好感度の高さも大きい。米情報誌コンシューマー・リポート
『自動車ブランド別信頼性ランキング』では1位から7位を日本車が独占、
テュフズードジャパン『家電製品の安全性に関する世界的な認知度調査』でも、
各国消費者から『日本製品が最も安全性が高い』と認識されている。」とのこと。

このような記事を読むと、やはり日本の「強み」と「機会」を活かした「日本全体の
マーケティング」が必要なのではないかと思います。「選択と集中」、今の日本に
弱みの分野にテコ入れしている余裕は、もはやありません。そんなことをしていると、
強みの産業すら脆弱化してしまう可能性があります。外貨が稼げる得意な分野、
世界の最先端の品質が出せる分野、世界から期待されている分野に特化しよう!

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中