少子化に歯止めをかけるべく「独身税」導入の提案がされる

少子化に歯止めをかけるべく「独身税」導入の提案がされる

以下の理由って、経済的な面だけで見ると、パパの収入だけで子育てできないってのが、
原因だと思います。社会状況や雇用が安定し、パパの収入だけで子育てできる収入があれば、
ママの身体的な負担も軽くなる。晩婚化・未婚化の進展も防止できる。

それに対して、「独身税」をかけるっていう政策は、明らかに問題を正確に捉えていない。
そんな罰のような政策をしても、問題の解決には絶対に至らない。

そもそも、女性の社会進出が進めば、雇用に対して働きたい人の数が増える。
子育てしながらの女性は、少ない賃金でも、負担の少ない仕事を受入れるので、賃金の
低下を招く。このようなことも、大黒柱の賃金低下を招く原因の一つかもしれない。

・出産・子育てにかかわる経済的負担が大きい:38.2%
・出産・子育てにかかわる身体的負担が大きい:2.3%
・保育所などの環境が整っていない:3.3%
・企業の子育て支援が不十分:3.4%
・雇用が不安定:8.7%
・将来の社会状況が不安:8.7%
・晩婚化・未婚化の進展:15.8%
・配偶者・家族の協力体制が不安:1.0%
・子育てより自分たちの生活を楽しみたい人が多い:13.4%
・固定的な男女の役割分担意識:1.6%
・その他:3.6%

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中