日産自動車のEV「リーフ」が販売不振、燃料電池と同じ末路に?

日産自動車のEV「リーフ」が販売不振、燃料電池と同じ末路に?

販売不振の理由は、価格、走行距離の短さ、インフラ整備。インフラを整備するには、
EVが普及しなければならない。EVを普及させるためには、インフラが整備されて
いなければならない。この理屈では、どちらもいつまで経っても進まないことになる。

まあ、それもそうかもしれませんけど、自動車としての魅力も足らないのでは?
普通の自動車とは違うので、極めて難しいということは理解できますが、
あえて、先進性を表現しようとして、結果的に奇妙になってしまったエクステリア。
勇気あるチャレンジだと思いますが、これは、リーフを買うことができる世代、
買いたいと思うパーソナリティを持つ人の勇気を挫くものなのではないでしょうか?

それに対して、プリウスは、若くはない保守的な人にも、燃費が良いから、
環境に優しいからという言いわけをさせてまで買いたくさせる、誰にでも解り易い
カッコよさがあると思います。

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中