中国経済がアベノミクスで失速 製造業不振にインフレ懸念も

中国経済がアベノミクスで失速 製造業不振にインフレ懸念も

アベノミクスは、これまで絶好調だった中国経済の失速に決定的な役割を果たしたようだ。

中国メディアは、4月末、中国のPMI(製造業購買担当者景気指数)が低下したことを報じた。  PMIの低下は、需要の弱まりを示し、輸出の新規受注が昨年12月以来初めて下がった。
最大の輸出先であったEUの消費が、欧州金融危機によって陰ったままによる外需不振が
製造業の回復の足を引っ張っていることを裏付けた。

4月10日付の『新京報』は、〈6か月の間に対日本円レートが20%も切り上がった〉として、
これが〈中国の輸出とインフレという二つの意味でプレッシャーになっている〉と分析した。
アベノミクスの金融緩和による円安で、韓国経済が打撃を受けたが、中国の輸出にも影響が
及ぶことになったのである。

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中