我思うゆえに我あり(cogito,ergo cum)

デカルト(17世紀のフランスの哲学者)は、あらゆる学問を学んだ後に、
あれもこれも「疑いうる」ということに気がついた。彼が眼にしている光景も、
彼の身体ですら「じつは存在しないのではないか?」と疑いうる。

そうした懐疑の荒れ狂う状態にいて、しかし彼は一つの突破口を見出す。
それは、「すべてを疑いうるとしても、疑っている自分が存在していることは
確実だ」ということ。

これは、簡単に「我思うゆえに我あり(cogito,ergo cum)という命題で表現された。

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中