マック売上高14・6%減…「新商品なし」響く

マック売上高14・6%減…「新商品なし」響く

日本マクドナルドホールディングスが4/2発表した2013年1~3月期連結決算は、
売上高が前年同期比14.6%減の659億円で、01年7月の上場以来、最低となった。
本業の営業利益は53.3%減の33億円、税引き後利益は54.8%減の19億円で、
既存店来店客数は4.4%減った。「定番メニュー」を前面に出し、「60秒以内に
商品提供」などキャンペーンも行ったが、新商品を打ち出さなかったことが響いた。

売上、14.6%減よりも、営業利益の55.3%減が厳しいですね。既存店来店客数が、
4.4%しか減っていないというのが事実ならば、客単価が下がっているのが減収の
原因ということになります。

同社は、2009年12月31時点で3715の店舗の内、433店舗を12カ月以内に
閉鎖することを明らかにしていました。また、2012年11月には、宅配サービスを
手掛ける店舗を2013年末までに現在の15倍にあたる250店に拡大し、13年
12月期の不採算店の閉鎖数を、例年の2倍にあたる200店超に増やすことで、
宅配強化で売り上げを補完 し、店舗の採算性を引き上げ成長力を取り戻す。
としていました。

このような戦略が、このような減収、減益を招いたのか、記事で推察されている、
新商品を打ち出せなかったことが、原因だったのかは、わかりません。

いずれにしても、多店舗展開で、他のファストフードチェーンを駆逐してきた
マクドナルドが、常に顧客にサプライズを与えてきた売上・利益に貢献する
新製品を投入できなかったことは、話題性の点でも寂しいことだと思います。
最近は、店舗の美観の点でも、メンテナンスが行き届いていないところもあり、
レイ・クロックさんも苦笑いしているかも?

マクドナルドも、ユニクロのように、毎週チラシを出して、休日には
目玉商品(価格的なサプライズ)など、遠くからも来てもらえる仕掛けを
用意した方が良いかもしれませんね。

にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中