金になる人脈 柴田英寿

CATEGORY: 21,人生指南書
DATE: 12/29/2011 04:24:13 PM


金になる人脈―その近づき方・つくり方・転がし方 (幻冬舎新書) 金になる人脈―その近づき方・つくり方・転がし方 (幻冬舎新書)
価格:¥ 777(税込)
発売日:2008-07

柴田英寿さんとは『「お先に失礼!」する技術』という著書で出逢った。私より9歳も若いのに、なんて凄い人だろうと思った。柴田さんは、ホットな速球投
手ではなく、経験に裏付けられたクールな技巧派だと思う。しかし、そのテクニックは、決して合理的な計算だけに支えられているものではなく、むしろ人へ愛
情から生まれたもののような気がする。

この本のタイトルは「金のなる人脈」などと『「お先に失礼!」する技術』を知らなければ(よっぽど欲深い人でもないかぎり)、手に取るもの嫌になってし
まうようなものだが、柴田さんを知っている私は、迷わずレジに向かった。予想通り内容は期待を裏切らないもので、爽やかであるが、コクがあった。

間口は狭くないが、柴田さんの仰りたいことを本当に堪能できるのは(生意気な言い方で申し訳ないが)仕事にも、読書にも、それなりに問題意識を持っている、違いが分かる男(上級者向け)だと思う。


にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

—–
COMMENT:
AUTHOR: 柴田です
URL: http://www.mediafrontier.com/
DATE: 12/29/2011 08:55:38 PM
素晴らしい、評価、ありがとうございます<(_ _)>
———-
COMMENT:
AUTHOR: 柴田 様 コメント頂戴し、ありがとうございます。
DATE: 02/18/2012 02:01:15 PM
この本のタイトルを見て、楽に「金になる人脈」を構築するためのコツが書かれていると思った人は、失望するでしょうね^^
この本には、お先に失礼する技術と同様に、柴田さんの哲学と言うか、生き様があって、それを達成するための手段としての考え方、技術がありますね。
この本を読むことで、読者は、自分の哲学(生き様)をメタ認知することが出来ると思います。そして、柴田さんが、指南してくださった手段の中から、自分の目的に合っていそうなものからトライすることが出来るでしょう。
今後も、良い本を書いてくださいね!

広告
カテゴリー: 自己啓発 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中