迷いと決断

DATE: 04/02/2011 09:06:28 PM


迷いと決断 (新潮新書) 迷いと決断 (新潮新書)出井伸之
ソニーと格闘した10年の記録
価格:¥ 735(税込)発売日:2006-12-14
 世の中は連続的して伸びるのではなく、どこかで必ず大きなジャンプがあります。革命的な何かが起きて、それまでの構造や仕組みをガラリと一変させてしまう。
 出井さんがCEOを務めていた10年間は、SONYにとってまさに激動の10年間だったようです。
 出井さんは、SONYにとって初めてのプロフェッショナル経営者でした。
 出井さんは、どうやって社内の求心力を得ながら、危機意識を共有してもらい、必要な改革を断行していくか、常に頭を悩ませていたそうです。
 出井さんは、「トップは常に、成長と短期的結果という一見相反する2つの課題を背負わされているのです。」、「3つぐらいの選択肢からどれかを選ぶ、という作業をCEOは次々と迫られます。」と書いています。
 そして、「結果として失敗とならないためには、自分の判断を信じて、成功するまで辞めない。」という考え方が重要になる局面も多々あります。とも書いています。
 あまり知られていないSONYの危機を救った名経営者である出井さんの経営哲学に触れられる一冊です。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中