翔太と猫のインサイトの夏休み

DATE: 10/12/2012 06:40:47 AM


翔太と猫のインサイトの夏休み―哲学的諸問題へのいざない (ちくま学芸文庫) 翔太と猫のインサイトの夏休み―哲学的諸問題へのいざない (ちくま学芸文庫)
価格:¥ 924(税込)
発売日:2007-08

「この本は中学生・高校生向きの哲学の本です。」とのことですが、

既にオジサンになってしまった私にとっても、とても難しい理解しにくい
内容です。
本書は1995年12月25日に刊行されたとのことですが、
後の
1997年7月に刊行された「子供のための哲学対話」の方が、

ずっと分かりやすい内容です。
この違いは、対象としている年齢の違いにもよりますが、
翔太~の方が、読者自身が読者自身の疑問を読者自身で考えることを

促しているのに対し、子供の~の方は、永井均さんなりの答えを

明記しているという違いによるものだと思います。
つまり、哲学的な問いは、その問いそのものの意味を共有することが

難しいので、そこに何らかの答えが書かれていることで、ようやく問いの

意味を共有するということが、できるからなのだと思います。

はじめにより

哲学に関する予備知識などはまったく不要です。
よくわからない
ところにあまりこだわる必要はありません。
むしろ、自分にとって
よくわかる問題を考えぬいてみてください。
哲学に関しては、色々な
学説を知るよりも、ひとつの問題を
考えぬく方が遥かに大切です。

哲学に限らず、自分の中に芽生えた疑問について、
考えぬくという
姿勢は、とても大切なのではないかと思います。
何故ならば、他人の
欲望を模倣するために奔走しても、
決して幸せになれないような
気がするからです。
自分の中に芽生えた疑問は、往々にして哲学的な難問であり、

私たちは、答えの出ない問題を前にして立ちすくみ、
考えぬくことを
放棄してしまいがちです。
しかし、その難問を考える苦しみの中に、
私たちが、自分の
生をかける価値のあるテーマが隠されているのだと
思うのです。

巻末の中島義道氏による解説 正確で清潔な言葉より
「哲学」とは、
徹底的に思索し、厳密な言葉で語り続けるという積極的な
営みなのであり、
永井さんが本書で提案しているのはこのことだ。
そして、これこそ多数の
共感を呼ばず、永遠の負け戦であり、だから
私にはとても潔く見えるのだ。

この書の「はじめに」は次の文章で終わっている。
哲学とは人生と世界に
関する深い真理を教えてくれるものだ、
というのも嘘ではないのですが、
その真理に触れることができるのは、
この遊び場でクタクタになるほど
遊びほうけた後のことなのです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中