私たち日本人がユダヤ人について行ってきた誤解

私たち日本人がユダヤ人について行ってきた誤解
CATEGORY: U.内田樹
DATE: 09/23/2012 10:29:52 AM


私家版・ユダヤ文化論 (文春新書) 私家版・ユダヤ文化論 (文春新書)
価格:¥ 788(税込)
発売日:2006-07

第一章より・・・
私たち日本人がユダヤ人について行ってきたすべての誤解は、ユダヤ人と日本人を同種の集団カテゴリーだと見なす安易な設定に根差している、私たちが集団に帰属感を覚えているのと同じような仕方で、ユダヤ人たちもそのエスニック・グループに帰属感を覚えているんだろうという共感や感情移入の手法は、私たちの「奇習」を拡大適用するすることにしかならない。私たちには理解しがたい共同意識や、私たちの知的習慣に含まれない思考法がこの世の中には存在する。

よく「相手の気持ちになって考えましょう」なんて言いますが、日本人とユダヤ人ほどではなくても、育ってきた背景が違えば出来ごとの感じ方は違ってくるわけです。相手が自分と同じように感じていると思うことは、救いようのない誤解を生む切欠になりかねないわけです。もちろん、相手が感じていること、自分が感じていることの全貌を言葉で端的に説明することは不可能なので、私たちは同じように感じていないという前提で、それぞれが出来事を解釈するしかないのです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中