打つ手が見える!ビジネスマンのための「解決力」養成講座

CATEGORY: 20.ビジネス/ K.小宮一慶(かずひろ)
DATE: 12/19/2010 09:50:16 AM


1.様々な現象のなかから問題を特定し、
2.そのなかで、優先順位を付け、
 ヒト、モノ、カネなど、かけられる資源には限界がある。経営とは、起きた
現象について、正確に「事実」を確認し、対応すべき問題を特定し、さらに
その優先順位と資源の配分を決めていくこと。優先順位を決めること自体が
 戦略の根幹をなすことも少なくありません。
3.根本的な問題(=真の原因)を特定し、
4.解決策を策定する
――
 どの会社にも問題があり、問題のない会社などないでしょう。問題がある会社すべてが、小宮さんのような優秀なコンサルタントに相談できれば良いのですが、問題がある会社は経営にゆとりがないわけで、コンサルタントを依頼する費用を捻出できず、自分達の知恵で問題を解決しなければなりません。そんな時、この本の知恵が役に立つことでしょう。

 しかし、実際に大きな問題が発生した時、この本の手法に従って論理的に順序立てて対処している時間がない可能性が高いです。問題の発生を事前に防止するためには、普段から問題の芽を察知して、小さいうちに摘んでおくことが大切ですが、この本を始めとする小宮さんの著書には、そのための知恵も溢れています。普段から勉強をしておくことが、問題の発生を防止するためにも、早期に解決するためにも大切ですね。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

 価格:¥ 1,050(税込)発売日:2008-06-15

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中