幻想に生きる親子たち 岸田 秀

CATEGORY: 04.精神分析
DATE: 10/17/2010 12:27:53 PM

幻想に生きる親子たち (文春文庫) 幻想に生きる親子たち (文春文庫)
価格:¥ 670(税込)発売日:2006-02
★★★★★

岸田秀さんの言葉は、相変わらず鋭い。
本文より・・・要するに、誰だって、好きなことをやっているときは「ねばり強い」か
「しつこい」のであり、好きでもないことをやらされるときは、「あきっぽい」か
「あきらめがいい」のである。「あきっぽい」とか「ねばり強い」とかの性格傾向が、
ホルモンやアドレナリンのような実態として子供の心の中のどこかに実在してい
るわけではない。~結局、子供も生徒も、おのれの歩みたい道を歩むのである。
――
私は、これからの厳しい時代、ストレスをコントロールできなくなる人が増えると
思います。ですから、マネジメントに携わる人は、心理学や精神分析を学び、
自分と部下たちの強み弱みを把握することで、個々の能力を最大限に活用し、
弱みを補い合う必要があると思うのです。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中