子供のための哲学対話 永井均

DATE: 09/29/2012 01:37:49 PM


子どものための哲学対話 (講談社文庫) 子どものための哲学対話 (講談社文庫)
価格:¥ 400(税込)
発売日:2009-08-12

この「子どものための哲学対話」で、著者の永井均さんは、「人間はなんのために生きているのか?」という問いに、「遊ぶためさ」、と言いきっている。そして、根が明るい人は、なにか目標のために努力しているときも、なぜかいつもそのこと自体が楽しい人で、根が暗い人は、何か意味のあることをしたり、ほかの誰かに認めてもらわなくては、満たされない人、とも言っている。
これを読んで、自分の生きる目的は、自我を守るため、であったり、満たされない何かを補うため、だったり、つまり、自分は、根が暗い人で、生きているというよりも、何を恐れて追われているような気がしてきた・・・

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中