嫌われることを恐れない突破力!

CATEGORY: 21.自己啓発
DATE: 12/02/2010 10:22:03 PM


 田原総一郎さんが、堀江貴文さんと、勝間和代さんの間に割って入って、
2人に問いかけることにより、個人としても、日本としても、突破口を
模索しようとする異色の本です。
 田原総一郎さんは、言わずと知れた日本を代表するジャーナリストです。
 堀江さんって誰?って感じの人も、ホリエモンと言えば、誰だか分かるでしょう。
私は、堀江さんの生き様に共感するところがあって、新・資本論
僕はお金の正体がわかった
など、数冊の本を読みました。
勝間和代さんについても、改めて紹介する必要は無いでしょう。勝間さんの
著書は、私のようなオジサンがターゲットでない本も含めて10冊ぐらい
読みました。
 この本では、田原総一郎さんが、時代の寵児である堀江さんと勝間さんに
とても適切な問いを投げかけることによって、堀江さんや勝間さんが今まで
語らなかった世界を引き出しています。
 お二人の嫌われることを恐れずに、ある意味、自分に正直に生きる姿に
触れることによって、私たちも、世間という牢獄から脱出し、何度失敗しても
絶対に成功をつかむ生き方を発見できるかもしれません。
 新しいスタイルで作られたこの本には、かつて語られたことのない、事実が

見え隠れしています。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中