嫌だと思う仕事が、あなたを成長させてくれる。

CATEGORY: 21,人生指南書
DATE: 01/08/2011 02:23:13 PM


プロ論。3 プロ論。3
学歴でも会社名でもなく、どんな仕事をしてきたか。最後はそれで決まる。日本を代表するリーダー達は、異口同音に「嫌な部署、異質なものの中に入っていく時、力がつき成長する」という。仕事が選べない現代社会は、見かたを変えると「力をつけ成長するチャンスに溢れている」と言えるかもしれない。
「嫌だと思うのは、苦手だから。嫌な部署に行かされたら、喜んで行かなくちゃいけない。僕はいろんな部署を経験しましたが、花形の部署で過ごすより、ずっと力がついたを思いました。人脈ができたし、さまざまな知識も得られた。傍流(ぼうりゅう)の事業が主流になる可能性だってある。会社に指示された仕事を懸命にやりながらも、同時に自分がやりたい方向も模索しておく。そういう意識をもっていればいいんです。」〔出井伸之 ソニー(株)最高顧問〕
「もし、ひとつだけやるべきことがあるとすれば、自分を鍛えることです。特に異質なものの中に入っていくことは大事だと思う。同質的な環境の中にいると、ラクだから人は成長しない。でも異質なものの中に入ると変わるんです。」〔榊原英資 早稲田大学教授〕
「どういう人がリーダーにふさわしいか。ひとつは、徹底的に勉強している人でしょう。知識だけじゃない、深い人間力を持っている人です。意識して時間をつくること。この日、この時間は読書にあてようと決めないと、年だけ取っていく。1年、2年では変わりません。しかし5年10年と経つと、やっている人とやっていない人の差は決定的なものになる。面白いといわれる人になれる。情報が集まる人になれる。そういう人はすぐに分かるからです。」〔中谷巌 多摩大学学長、三菱UFJリサーチ&コンサルティング理事長〕

価格:¥ 1,680(税込)発売日:2006-12-15

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中