奴隷の時間 自由な時間

CATEGORY: 05.思想
DATE: 09/26/2010 01:33:19 PM

奴隷の時間 自由な時間 お金持ちから時間持ちへ (朝日新書) 奴隷の時間 自由な時間 お金持ちから時間持ちへ (朝日新書)
著者の ひろさちや さんは、1936年生まれ大阪府生まれ、
東大文学部印度哲学科を卒業され、博士課程を修了。
気象大学校教授を経て、大正大学客員教授。
仏教を中心に宗教や生き方を分かりやすく説いている。
価格:¥ 735(税込) 発売日:2009-10-13

―本文より―
「時は金なり」ということわざがあります。ちょっと変なことわざだと思っていましたが、それもそのはず。これは日本のことわざではなく、英語の“Time is money.”を訳したもので、「時間は金と同じように貴重なものである。だから時間を無駄に過ごしてはいけない。そのように教えたことわざです。―中略―
わたしは「時は金なり」は大嫌い。だって時間を金と同一視しているのだから、これは明らかに拝金思想です。時間は金なんかよりも、もっともっと貴重です。金なんかなくたっていい。われわれはもっと時間を大切にしようではありませんか。

ひろさちや さんは、1936年生まれ、仏教を中心に学ばれてきたかたですから、どうしても経済至上主義的な考え方に対して否定的です。その辺を、「まあ、そんな考え方もあるでしょう」と客観的に受け入れながら読むことができれば、得るモノ(概念)は、多いと思います。
どちらかと言うと、人生のベテランにおススメしたい内容です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中