勝間和代・上大岡トメの目うろこコトバ

勝間和代・上大岡トメの目からうろこコトバ
CATEGORY: 01.心理学・20.ビジネス・22.コミュニケーション・23.マネジメント・40.実用・悩みDATE: 09/23/2010 11:47:34 AM

勝間和代・上大岡トメの目うろこコトバ (朝日新書) 勝間和代・上大岡トメの目うろこコトバ (朝日新書)
価格:¥ 777(税込)
発売日:2010-08-10

私たちの脳は、新しいやり方を「失敗による消去法で覚えていく」。ですから、勝負事なら、勝った回数よりも負けた回数の方が私たちを成長させるのです。したがって、チャレンジの回数を増やすと、「負け」も減って行き、結果が出やすくなります。
生きがいが見つからないうちは、どんなにつまらないと思えることでも、目の前のことからしっかりと成し遂げた方がいい。そうするうちにだんだん新しい目標が見つかり他人に喜んでもらえるスキルが身につく。「自分を幸せにして欲しい」と周りに求めるのではなく、逆に自分が周りの人に何をしたら喜んでもらえるだろう、と考えていく方が、実はずっと簡単に、安定して幸せになれるのです。私たちが一番、継続的に努力を続けられるのは「自分がやりたいこと×他者を幸せにする」ことなのです。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

広告
カテゴリー: 自己啓発 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中