創造性とは何か

CATEGORY: 06.広い意味での科学
DATE: 10/16/2010 09:08:23 PM

創造性とは何か(祥伝社新書213) 創造性とは何か(祥伝社新書213)
価格:¥ 798(税込)発売日:2010-09-01
川喜田二郎
本文より・・・
私の「混沌のなかから自己という主体の意識をもつ」という
考え方は、デカルトの考え方とはまったく異なっている。

川喜田二郎さんは、効率的方法論としてKJ法を創始した方です。
この、私の・・・考え方は、デカルト・・・とはまったくことなっている。
という部分は、これからデカルトの哲学を把握しようと思っていた
私にとって、衝撃の部分であった。川喜田二郎さんの考え方を
把握するのが先か、デカルトを把握するのが先か、どちらも
険しい道であることは間違いないのだけれど・・・
――
「創造とは問題解決なり」「創造性とは問題解決の能力である」
創造性とは、現状を打破し、つねに新しい状態に変えていくこと。
「保守性とは現状を維持したいということで“死にたくない、生き永らえたい”と
考えることである」
誰でも「給料は今までどおり維持したい」を思う訳ですが、現代社会のように
経済状勢が厳しくなってくると「現状を維持しようとすればするほど維持できない」
というような状況になりかねない。
むしろ、現状を打破し、つねに新しい状態に変えることで、生き残りをかけなければならないのである。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中