メアリー・ケイの人を活かす23章―ピープル・マネジメント

CATEGORY: 23.マネジメント
DATE: 10/26/2010 09:44:33 PM

メアリー・ケイの人を活かす23章―ピープル・マネジメント
価格:¥ 1,325(税込)発売日:1994-04

Mary Key Ashさんは、1963年にメアリー・ケイ・コスメティクスを設立。北米で最も成功したビジネスウーマンとして、これまで数々の賞を受賞したとのこと。

<気に入っているとこをを抜粋>
ジョン・ロックフェラーもいいました。「私はこの地上の何よりも、うまく人と付き合える人間に対して金を払う」
部下に「自分は重要なんだ」と思わせ、やる気を出させるためにこそ、管理職は給料をもらっているのです。
職場の士気を高めることは、即、生産性を高めることにつながります。それを目指して部下の自尊心を育てる努力をするのです。
部下は普通、期待されれば期待されただけの仕事をします。良い成績を望めばそれだけのものは返ってきますし、だめだろうと思えばだめなものです。期待に応えようという自尊心があれば、能力以上の成果をあげることができます。人間の天賦の才能の9割は眠ったままだといわれていますが、この埋もれた才能を引き出すつもりで働きかけてください。相手の成績は飛躍的に伸びるでしょう。
まず、相手の話を聞くことです。相手の考えを尊重するということを態度で示して、意見を聞くのです。自分の意見が重要視されていると感じれば、人間は雲の上でも歩いてしまうものです。何かに対する責任を与えられると、人は自分が重要なものだと感じます。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

広告
カテゴリー: ビジネス, マネジメント パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中