ドラッカーのリーダー思考 小林 薫

CATEGORY: 24.経営哲学
DATE: 11/07/2010 01:06:24 PM


ドラッカーのリーダー思考 (青春新書インテリジェンス) ドラッカーのリーダー思考 (青春新書インテリジェンス)
小林 薫 価格:¥ 900(税込)発売日:2010-09-02
「自分は何をしたい?」という問いから物事を始めてはならない。「この場でいかなるニーズを満たすべきなのか」「何に対して貢献することが要求されているのか」「どこへ、どのような形で寄与したらよいのか」という問いからスタートせよ。

いつものように、気に行った部分を抜粋します・・・
・革新とは、単なる新しい方法ではなくて、新しい世界観を意味する。
・企業経営のエッセンスは何かに「卓越」することと、「決断」することである。何かに卓越するには、人間の心と、人間の手と、人間の精神の質の問題である。すべての決断は、未来を対象にした意志決定である。
・現場主義にまず徹せよ。周到に目配りして、驚かされることをなるべく少なくすること。未来は、今、すでに起きていることへの目配りから見えてくる。
・自分の企業が、一定の市場で相当顕著な力量をつけ得ると考える場合のみ、その市場にでていけ。自分の持つ強みの上に多角化を築け。
――
ドラッカーの経営哲学は、もはや古典に位置づけられると思います。しかし、現代社会においても決して色あせることなく、むしろ「やはり経営に対する理念というものは、どんなに技術が進歩しても変わらないものなのだ」と感じさせられる程です。
最近は、役員室で得られる事実から意志決定をする経営者が少なくないと思いますが、企業経営に関わる機会も脅威の種はもちろん、自社の強みや弱みも現場に現れるものだと思います。ですから、経営的な意志決定は、現場に目配りすることによって、より適切になるのだと思います。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中