トマシ―ナ

CATEGORY: 01.心理学
DATE: 09/17/2011 10:51:53 AM

トマシーナ (創元推理文庫)

トマシーナ (創元推理文庫)
価格:¥ 903(税込)
発売日:2004-05-25

 ポール・ギャリコの作品を紹介するのは、2回目です。
実は、この2作品を読む前に、ジェニィという作品を読みました。
 ジェニィは、少年ピーターが、交通事故にあったことが切欠で、何故か白い猫になってしまうことから始まります。その後は、白い猫になってしまったピーターを主人公に話が展開するのです。とは言っても、決して子供向けのファンタジー小説ではなく、そのスピーディーな展開は、読む人の気持ちを掴んで離さず、先に先にと読み進みたくなってしまうほどの内容です。特に猫好きの皆さんの中では評価の高い作品ですが、このBlogで紹介するのは躊躇していました。
 このトマシ―ナも、猫であるトマシ―ナが主人公の内容だと思って読みはじめましたが、実は、妻を亡くし、スコットランドの片田舎に移り住んだ獣医師マクデューイ氏が主人公です。獣医師であるにも関わらず、動物に愛情も関心も抱かない彼は、ひとり娘メアリ・ルーが可愛がっていたトマシ―ナの病気に手を打とうともせず、安楽死を選びます。それを機に心を閉ざすメアリ・ルー・・・

 しかし、町はずれに動物たちと暮らし、魔女と呼ばれるローリとの出会いが、頑なな父を変えていきます。父と娘に愛が戻るのはいつ?

 トマシーナは、流山おおたかの森の紀伊国屋に売っていなかったので、
東京の丸善にまで買いに行きました(アマゾンで買えって言わないで!
紀伊国屋さん暖簾に恥じない品揃えをお願いします)。
ジェニィに比べるとスピード感というか、スリリングさでは劣りますが、
人の心の問題に深く入り込んだ重厚な内容に心を打たれます。
この物語ほど複雑ではないかもしれませんが、私たちの人生にも
複雑な問題が絡まっており、私たちは問題の原因が相手にあると
思いがちです。しかし実は多くの場合、問題の原因は自分自身にあり、
無意識の拘りを解いてくれる人とさえ出会うことができれば、簡単に
解消することも少なくありません。あなたの魂を救うために・・・

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中