シンボリック・アウトプット [PAOS]CIプランニングの実際

CATEGORY: 24.経営哲学
DATE: 09/29/2012 03:57:26 PM


シンボリック・アウトプット―PAOS CIプランニングの実際 (PAOS BOOKS) シンボリック・アウトプット―PAOS CIプランニングの実際 (PAOS BOOKS)
価格:¥ 2,548(税込)
発売日:1989-12

1989年12月4日に発行された本なので、既に23年近い歳月が経過しているわけだが、その内容には、まったく古さが感じられない。
むしろ、閉塞感が溢れ る今において、企業が顧客に対して、企業の中身を、なぜ伝えていかなければならないか、どのように伝えて行けばいいのかが、記述されている。

中身を顧客に伝えるために、シンボリック・アウトプットを行うという行為は、数値目標化できない課題であるが、数値目標に極めて大きな影響のある問題でもある。

顧客は、企業の中身に信用することで、その企業が生む商品やサービスの品質を信用するのであるし、企業の中身に共感することで、顧客自身のアイデンティティを支えるために、その企業が生む商品を身に付け、サービスを享受するのである。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中