ゲーム・プレイヤーになろう♪

CATEGORY: 22.コミュニケーション
DATE: 04/10/2011 03:04:44 PM


リスクに背を向ける日本人 (講談社現代新書) リスクに背を向ける日本人 (講談社現代新書)
価格:¥ 798(税込)発売日:2010-10-16
本文より・・・
「ゲーム・プレイヤー」というのは、自分が行動する、あるいはシグナルを出すことで、まわりの人たちの考えや行動を自分にとって好ましい方向に導こうとする人たちのこと。自分が何をすれば相手に自分のことを分かってもらえるかを考え、そのために行動を取ろうとする。自分で何かをすることで相手を変えようとする人たちです。
ゲーム・プレイヤーというのは、まわりの人たちをうまく動かして何かを得ようとする人たちなので、プロモーション志向が強く、同時に他の人たちの行動を読みながら行動している人たちだということができます。
ゲーム・プレイヤーにとって重要なのは、プロモーションのためのコミュニケーションなんだよ。
「独立的(Independent)な傾向が強い人の方が、まわりの目を気にしている人よりも、実は、ほかの人と協力するたいせつさを理解してたんです。「独立的」な人というのは、自分の好みや意見をはっきりと持っていて、ほかの人がどう思うかをあまり考えないで、自分の意見をはっきり主張する人たち。
独立心の強い人たちのほうが、そうでない人たちに比べて、まわりの人たちと協力する必要性をより強く認識しており、感情的知能、つまり自分や他人の感情を理解する能力が高い。さらに、こうした人たちが、プロモーション思考が強い。
独立的な人間というのは、「ゲーム・プレイヤー」なんだ。
――
震災が起こってわかったこと・・・困っている人を助けるためには、先ず、自分自身が自立していて、自分自身の面倒を見られるようになっていることが必要だってこと・・・
ボランティアだって、自分の寝泊まりの手段、自分の食事を確保できない人は、来ないでくださいって言われちゃう。確かに、避難所に泊まって、物資を受け取っていたら、何のためのボランティアか分からなくなっちゃうもんね。
 そして、自立している人どうしが、ひとつの目的に向かって結束して互いの力を合わせたときは、とても大きな支援ができるってこと。
私たちは、何かあった時に、誰かのために、そして自分のために、何かが出来るようになるために、ゲーム・プレイヤーにならなければなりません。
独立的な人間になるとともに、まわりの人たちと協力する能力を身につけなければならないのです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中