まともな人 養老孟司

CATEGORY: 06.広い意味での科学

DATE: 11/01/2012 06:54:45 AM


まともな人 (中公文庫) まともな人 (中公文庫)
価格:¥ 620(税込)
発売日:2007-01

養老孟司さんは、著書「まともな人〔現代こそ心の時代そのものだ〕」の中で、
「たとえば不安はメタ恐怖である。恐怖は対象が明確であるが、不安の対象は
不明確である。不安の対象はかならず漠然としている。対象が特定されれば、
それは不安ではなく、恐怖である」と書かれている。

心が停滞し浄化が必要な状態とは、不安、つまり対象が漠然として不明確な
状態なのではないだろうか?つまり、不安な状態から脱するためには、
先ず、不安の対象を明確化することで、不安を恐怖に変え、対処方法を
検討する必要があるだろう。対象が明確化されれば、具体的な対処方法も
見つかる可能性があるからである。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中