たった1行で「アピールする」技術があるとしたら、どうします?

CATEGORY: 25.仕事術
DATE: 12/26/2010 10:51:16 AM


本文より・・・不特定多数に読ませることを前提とした、「相手が絞られていない文章」は、読んでいて、迫力というか、切迫感が生まれません。他方、読んでくれるのは仮に「多数」であったとしても、、その中の特定の人を絞り、伝わることにこだわって書かれた文章は、伝えるチカラが圧倒的に強くなります。ですから、読み手を具体的に思い浮かべ、その相手が納得しながら、読んでくれるだるか?「自分のことだ!」と響くだろうか?そこを意識しながら書いて欲しいんです。・・・
――
たった一行で「アピールする」技術と言っても、特別な方法があるわけではありません。
そこには、書き手の「伝えたい」「伝えなければならない」「伝えて相手に動いてもらわなければならない」という気持ちや状況があるわけです。
そうです。目的は、その文章を読む人に何かを伝えることなのです。目的を達成するためには、相手のことを良く知り、自分の伝えたいことが、相手の利害とどのような関係があるかを的確に把握しておかなければならないのです。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中