ただ一つ、ビル・ゲイツから学んだことがある。それが・・・

CATEGORY: 26.成功哲学
DATE: 12/26/2010 07:06:31 AM


マイクロソフトを飛び出して億万長者になった、私 マイクロソフトを飛び出して億万長者になった、私
クリスティン・コマフォード・リンチ著
常識にとらわれない人は、現実を正しく見ることができる。シェイクスピアも「良いも悪いも本人の考え方次第」と言っている。現実をつくり出しているのは自分自身だということを意識してさえいれば、ものごとを前向きにとらえることができる。

 この本との出会いは、BookOffです。こんな出会いがあるから、リアル書店、リアル古書店巡りは止められません。2008年7月15日発行のこの本が、105円コーナーにあったのは、著者が日本では無名のクリスティンさんだったから?でも、誰も経験できないような波乱万丈な人生を惜しむことなく赤裸々に書き綴ったこの本は、自慢話の羅列に過ぎない成功哲学本よりも遥かに価値があります。
クリスティンさんは、確かに高校中退で学歴はないかもしれないけれども、自分に適した仕事に就くために独学でプログラミングを学ぶなどの努力は惜しんでいません。やはり大きな仕事をする人は、目的が明確で、目標を設定し、手段を確実に登っているのです。
クリスティンさんが他の成功者と決定的に違うのは、手段の登り方です。普通の人は、手段を登り切った後で行動を起こしますが、彼女は行動を起こしてから手段を登るのです。
ある意味、彼女の人生を決定づける派遣会社の設立が実現したのは、マイクロソフトで共に働く派遣社員300人を大手派遣会社の搾取から守ることと、派遣社員の給与管理と源泉徴収をやることで起業できるという自分のチャンスを瞬時に結びつけることができたからだと思います。彼女は、まだ影も形もない派遣会社を「やっています。うちの会社で皆を雇います」と宣言し、10分後、会社を登記し、フリーダイアルを申込み、レンタルオフィスを確保したのです。
そんな彼女が、ただ一つ、ビル・ゲイツから学んだこととは・・・
¥ 1,575(税込)発売日:2008-07-08

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中