それでもあなたはゼロサム・ゲームに挑み続けるのですか?

CATEGORY: 08.リーダーシップ
DATE: 12/30/2010 04:14:04 PM


20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義 20歳のときに知っておきたかったこと
スタンフォード大学集中講義

「問題解決の方法はつねに存在する」
「早く、何度も失敗せよ」「機が熟すことなどない」
この本には、あなたの人生を変える言葉が
いっぱい詰まっています。
 この本は、以前に読んだことがあり、2010/04/19 に、このブログでも紹介しています。とても気に入ったようで、★が5個付いています(笑)。今回、この本がBizRavelでも紹介されたので、再度、書棚から出してきました。
――
本文より・・・競争が好きなのと、目的達成の意欲が強いのとでは、大きな違いがあります。競争好きとは、ゼロサム・ゲームのなかで誰かの犠牲と引き換えに成功することを意味します。これに対し、目的達成の意欲が強い人は、自分自身の情熱を掻き立てて事を起こすのです。
――
私たちが参加しているビジネスが、本当に独自のものであるならば、それは社会に大きく貢献し、ゼロサム・ゲームに陥ることはありません。また、独自とまで行かないでも、既存の商品やサービスに対して何らかの付加価値があるものであれば、競争相手に勝とうとするよりも、お客様に喜んでいただけるように商品価値やサービスの向上に努めるだけで業績も上がって行くはずです。しかし、商品やサービスに何の付加価値もないのなら、限られた市場を取り合うゼロサム・ゲームに突入してしまいます。
会社の中でも一緒です。あなたが独自の価値を創造できるのなら、あなたに肩書など必要ないでしょう。しかし、あなたに付加価値がないのなら、ゼロサム・ゲームに突入します。
 しかし、実は、ゼロサム・ゲームに勝ち続けられる会社も、個人もいないのです。
――

価格:¥ 1,470(税込)発売日:2010-03-10

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

 

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中