こころ

DATE: 05/31/2008 03:16:37 PM

こころ (新潮文庫) 価格:¥ 380(税込) 発売日:1952-02

姜尚中(カン サンジュン)さんの「悩む力」を読んで、改めて夏目漱石の「こころ」が読みたくなった。以前持っていたものは、古本屋さんに持って行ってしまったが、幸いダイソー版が家にあったので(買ったのは私だが)本屋さんに行かないで読むことができた。
改めて読む「こころ」には、漱石が描こうとした人々の”こころ”があった。
それに自分自身の”こころ”を照し合せて読み進めて行ったわけだが、そこに繰り広げられる深遠な世界は、この歳になって始めて分かるものだった。
漱石は、あまりにも著名な文豪であるため、多くの方が物心着かないうちに読むことが多いと思うが、漱石ほど読者の成長によって違う世界を見せてくれる作家はいないのではないだろうか?
人生の節目で何度でも読み返したいと思わせる内容である。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中