お金の正体

CATEGORY: 社会・経済
DATE: 08/10/2009 07:25:06 PM

新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書) 新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書)
価格:¥ 680(税込)
発売日:2009-07-10

堀江氏は、私が子供の頃から両親や先生などに植えつけられた「お金に対する概念」を破壊し、従来の考え方で生き抜いて行くことが困難だと考えられている「これからの時代」に備えた新たコンセプトを示してくれている。
私は、既に長期の住宅ローンを組んでしまったが、堀江氏は、そのようなことが信じられないと言う。年功序列で所得が右肩上がりで増えることが期待できた時代から、成果主義と言う名の所得が上がらない仕組みの時代に突入した。また、会社が明日も継続して存在するか?すら誰にもわからない時代でもある。
私たちは、堀江氏の話から、新たなコンセプトを得られるのか?

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中