「自分力」の底力に気づけ

CATEGORY: 社会・経済
DATE: 03/20/2010 12:19:20 PM

「自分力」の底力に気づけ (講談社ニューハードカバー) 「自分力」の底力に気づけ (講談社ニューハードカバー)
価格:¥ 1,470(税込)
発売日:2000-06

『課長 島 耕作』の著者、弘兼 憲史 氏の著書である。

評価は常に一つでない、何を軸に置くかで、その人の客観的な価値など簡単に変わってしまうのだ。
他人に否定されたって、僕たちは自分の人生を生きていかなければならない、だったら、ないものを数えるより自分にあるものを数えて生きていきたい。
自分にあるものを数えて生きていけば、少なくとも自分に納得して生きられるのではないだろうか。
自分にしかない自分がもっている価値をとりあえず肯定していく、そういう力を大切にしていく。あるがままの自分でともかく生きてみる。そういう力をこの本では仮に「自分力」と呼びたい。
「自分力」とは、自分自身を受け入れるちからのことだ。とにかくあるがままの自分を受け入れる。大らかに自分を認める。
今の君には、君にしか堪能できない人生が広がっている。
それぞれがそれぞれの人生を大切にすればいいのだ。
つまり成功や勝利がすべてではない。
「自分力」は、自分の人生を愛し、大切にする力なのである。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中