「脳は他人に褒められるように変化する」思考の補助線

DATE: 10/14/2012 07:44:09 AM


思考の補助線 (ちくま新書) 思考の補助線 (ちくま新書)
価格:¥ 756(税込)
発売日:2008-02

茂木 健一郎 氏は、「脳は他人に褒められるように変化する」の章で、

脳内報酬物質を放出させるきっかけになる外部からの刺激のうち、
最も強力なのは、他人からの
承認である。何かをやって、それが
周囲に認められたり、ほめられたりしたときに、そのことが
脳内の
ドーパミンをはじめとする報酬物質を放出させるのである。と
書いています。

つまり、話を聞いてくれて、その話に共感してくれて、自分自身の
存在を認めてくれて、
最後に褒めてくれる人は、最高の報酬を
くれる人なのです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中