ザ・ゴール 企業の究極の目的とは何か エリヤフ・ゴールドラット

ザ・ゴールは、世界で1000万人が読んだと言われているビジネス書で、
日本で「ザ・ゴール」が発行されたのは、’01/5/17である。
何かの本に、必読書として紹介されていたので、Book Offで見つけた時に、
続編の「ザ・ゴール2」と一緒に購入してあったのだが、その4cmもある
厚みに怖気づいて、積読状態になっていたのである。
因みに、私の「ザ・ゴール」は、’08/7/27に発行された第38刷である。

しかし、読んでみて驚いた。エリヤフ・ゴールドラット博士が提唱する
TOC(制約条件の理論)を製造業の競争力を復活させるための手法として
解説することが目的であるにも関わらず、物語仕立ての内容は、
小説としても極めつけの面白さだった。

工場関係者、製造業の経営者はもちろん、それ以外の業種の誰もに
薦められる内容だ。
日本で出版されるまで15年以上、日本で出版されてから10年経ったが、
その内容は、まったく色あせていないどころか、これが実践出来たら、
必ず業績が上がりそうだと確信出来る内容だ。

にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中